やって大満足のインプラント情報ブログ : 2016/09/13


AIDSとはヒト免疫不全ウイルス(HIV=human immunodeficiency virus)の感染によって罹患するウイルス感染症の事で、
免疫不全を招き些細な病原体による日和見感染や癌等を複数発病する症候群そのものの事を指しているのです。

患者数が増加しているうつ病は副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りず、
不眠、強い憂うつ感、疲労感、食欲不振、体重減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、そして重症化すると自殺企図など様々な症状が出現します。

植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一つであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の物質が、
肝臓の持っている解毒酵素の順調な創造活動をサポートしているかもしれないという新たな可能性が判明してきました。

高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、
今日までの研究により、注射の予防効果を見通せるのは、
ワクチンを注射した日の約14日後からおよそ5カ月間位ということが分かりました。

チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、
手先や足先が何も感じない麻痺状態になったり脚のむくみなどがよく起こり、
病状が進むと、最も重症のケースでは呼吸困難に陥る心不全などを起こす可能性があるのです。

「肝機能の減衰」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、
γ-GTP等3つの値でモニタリングできますが、
特にここ数年肝臓の機能が落ちている人数が明らかに増加傾向にあるということが分かっています。

歳を重ねることが原因の耳の聞こえ辛さではちょっとずつ聴力が低くなるものの、
普通は還暦を超えないと耳の老化をあまり把握できません。

肝臓を健康にキープするには、肝臓の有害物質を無毒化する力が落ちないようにすること、
要は、肝臓のアンチエイジング術に地道に取り組むことが必要なのです。